出典:https://meitantei-pikachu.jp/


日本生まれのポケモンが、実写版となってハリウッド映画で登場!


公開当時はシワシワになったピカチュウが可愛いと、話題になりました。


映画は、ピカチュウが可愛いだけの話ではありません。


今回は「名探偵ピカチュウ」のネタバレあり内容と、見どころ裏側についてご紹介します。

■「名探偵ピカチュウ」の登場人物

ティム・グッドマン

保険査定員として働く青年。


かつてはポケモントレーナーを目指していました。

ピカチュウ

記憶を失った電撃系のポケモン。


なぜかティムにだけ言葉が通じる。


コーヒーが何よりも大好き。

ルーシー・スティーヴンス

自称CNMの若手記者。


本当はアルバイト。

ハワード・クリフォード

ポケモンと人間が暮らせる街ライムシティを牛耳っている権力者

ハリー・グッドマン

伝説的な名探偵。ティムの父親。

■「名探偵ピカチュウ」の内容とネタバレ紹介!

ライムシティ警察署から、父親であるハリー・グッドマンの事故を知ったティム。


ライムシティへ赴き、ヨシダ警部補から事故や父親のことについて聞きます。


ライムシティでティムを待ち受けていたのは、恐ろしい野望でした。

起:ライムシティへようこそ

ティムはヨシダ警部補に教えてもらった住所を頼りに、父親の探偵事務所を訪れます。


事務所にいたのは、ハリーのパートナーポケモン・ピカチュウ。


そして、ポケモンを凶暴化させる「R」と呼ばれる薬物です。


「R」の効果により、事務所近くにいたエイパムは凶暴化!ティムとピカチュウは、襲い掛かるエイパムを退けます。


ピカチュウは、ティムと一緒に「R」の出所とハリーの居場所を探そうと提案。


ティムは渋々ながらも、ピカチュウと共に捜査を進めるのでした。

承:名探偵ピカチュウ

「R」の出所を探る2人。


辿り着いたのが、ライムシティの権力者であるハワード・クリフォードでした。


ハワードは、ハリーの事故はミュウツーによって引き起こされたものと告げます。


そして真の黒幕は、ハワードの息子のロジャーであるというのです。


ハワードは、ティムとピカチュウに依頼します。ミュウツーとハリーを探してほしいと。

転:ミュウツーの逆襲

ミュウツーはPCL(ポケモン遺伝子研究施設)に閉じ込められていました。


「R」も、研究所で作られたものです。


しかし何らかの原因で、事故が発生しミュウツーは脱走。


ミュウツー脱走のきっかけになったのが、ハリーと相棒のピカチュウだったのです。


研究所の真実を知ってしまった、ハリー・ピカチュウ・ルーシーとコダック。


しかし研究所で眠っていたゲッコウガに、追いかけられる羽目になりました。


一方でロジャーは、逃げたミュウツーを捕獲。ライムシティへと、移送されることになります。

結:真の黒幕

捕らえられたミュウツーは、ハワードの元へ送られました。


ハワードは精神移転装置を使い、自らの精神をミュウツーの体に移植。


最強のパワーを得て、全てを手に入れようとしていました。


街を救ったのは、名探偵ピカチュウとハリー!


ピカチュウは最強の必殺技「ボルテッカー」で、見事ミュウツーを打ち破ります。


ハリーの魂は、ティムと常に一緒にいたピカチュウの中にありました。


ハワードの呪縛から解放されたミュウツーは、ハリーの魂を元の肉体に戻します。


グッドマン親子は、ライムシティで久しぶりの再会を果たしました。

■「名探偵ピカチュウ」の見どころと裏側!

主演俳優とポケモンには、不思議な縁があったのをご存じでしょうか?


映画出演がきっかけで、ポケモンにどはまりした名優もいらっしゃいます。


「名探偵ピカチュウ」の裏側は、ポケモンもビックリなことだらけです。

・何かとポケモンに縁があるジャスティス・スミス

ティム役を務めたジャスティス・スミスは、何かとポケモンに縁がある俳優です。


「名探偵ピカチュウ」に出演する前に、「ペーパータウン」という映画に出演しました。


「ペーパータウン」は、青春映画です。


シャスティス・スミス演じる青年は、友達同士で廃墟へ行きました。


廃墟は、青年にとって恐ろしい場所です。そこで怖さを紛らわせるために歌った曲こそが、ポケモンのテーマソングだったのです。


なおポケモンの歌は、日本とアメリカとでは全くの別物。


日本の場合は「ポケモンゲットだぜ~♪」と歌っていますが、アメリカの場合は「ポケモンと一緒に力を合わせて世界を守ろう♪」という内容です。

・ポケモンは裸が基本!?

出典:https://zukan.pokemon.co.jp/detail/068


「名探偵ピカチュウ」には、いろんなタイプのポケモンが登場!

映画にポケモンを出演させる際、監督がポケモン会社に言われたのは「ポケモンは服を着ません」でした。


ホールドの腰にあるのは腹巻ではなく、ホールドの皮膚。


ダゲキの道着は道着ではなく皮膚。


サーナイトの優雅なドレスに見えるのも、サーナイトの皮膚ということになります。


なお映画には、黒いパンツにチャンピオンベルトを撒いたカイリキーが登場。


当然ながら、黒いパンツとチャンピオンベルトも皮膚の一部。


服を着ているように見える姿をしたポケモンには、色々苦労していたようです。

・映画より先に実写化されていた!?「名探偵ピカチュウ」

出典:https://www.nintendo.co.jp/titles/50010000045116


とある屋敷で事件が発生。部屋の中は、何者かの手によって荒らされています。


沢口靖子扮する女性刑事が捜査をしようとすると、出てきたのはピカチュウ。


ピカチュウは自ら事件捜査に乗り出そうとします。


なぜピカチュウが探偵気取りなのか、不思議に思う沢口刑事。


するとピカチュウは「探偵気取りじゃないぞ!名探偵だ。


名探偵ピカチュウ」と名乗るのでした。


実は3DSソフト「名探偵ピカチュウ」のCMです。


ポケモンは映画の前に、実写化されていました。

・映画撮影でポケモンファンになった名優

ハワード役を務めたのは、イギリスが誇る名優ビル・ナイです。


ビル・ナイは「ポケモン」は何となく知っていたものの、名前だけは聞いたことがある程度の知識しかありません。


そこで役柄を掴むために、ポケモン図鑑を片っ端から買い集めて読み漁りました。


当時69歳。努力の甲斐もあり、今ではポケモンマスターになりました。


俳優の役作りには色々あり、すごい人になると体型そのものを大きく変える人もいます。


しかし役作りのために、ポケモンマスターになったのはビル・ナイぐらいでしょう。


ビル・ナイは、数多くの名誉ある映画賞を受賞した名優です。


役のためならば、ポケモンマスターになることぐらい造作のないことだったのかもしれません。

■まとめ


出典:https://www.imdb.com/title/tt5884052/mediaviewer/rm577217025/


もしもポケモン世代ならば、「名探偵ピカチュウ」は最後の最後まで見てください。


ちょっとした仕掛けが隠されています。


最後の最後まで見逃せない、作品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です