世界的な人気を誇るMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)。

シリーズの人気の礎を築いたとされるのが、今回紹介するサム・ライミ版「スパイダーマン」です。

■愛が強すぎる!?サム・ライミ版「スパイダーマン」の作品情報

スパイダーマンの映画は8作製作されましたが、中でもサム・ライミ版はスパイダーマン愛が強い作品となりました。

・スパイダーマンの実写映画

映画のテーマは、少年から大人の男性の成長譚。原作コミックを意識した作りは、ファンの間で評判となりました。

以降も数多くの「スパイダーマン映画」は製作されましたが、公開から20年近く経った今も根強い人気がございます。

・監督はスパイダーマンの大ファン

監督を務めたサム・ライミは、少年時代の頃からスパイダーマンの大ファンです。

スパイダーマンの映画化は非常に難しく、濃厚なドラマと上質なアクションを両立させなければいけません。

2つの要素をクリアできる監督として白羽の矢が立った人物こそが、サム・ライミでした。

・出演者は実力派揃い

映画「スパイダーマン」の出演陣は、実力派揃いです。

ピーター・パーカーを演じるトビー・マグワイアは、実力派として注目されていました。

適役であるノーマン・オズボーン役を演じたのは、名作映画出演経験が豊富なウィレム・デフォーです。

ヒロイン役のメリー・ジェーン・ワトソン役には、子役からキャリアを務めているキルスティン・ダンストン。

ピーターの友人であるハリー・オズボーンには、新星のジェームズ・フランコが務めました。

■サム・ライミ版「スパイダーマン」が配信されているVOD

U-NEXT(見放題)
Hulu(見放題)

TSUTAYA TV(見放題)
dtv(見放題)
ABEMA プレミアム(見放題)
Paravi(レンタル)
Music.jp(レンタル)
Video Market(レンタル)
Amazon Prime Video(レンタル)

■サム・ライミ版「スパイダーマン」の登場人物紹介

演:トビー・マグワイア
ミッドタウン高校の生徒。スパイダーマンとして活躍

演:ウィレム・デフォー
オズコープ社の社長。グリーンゴブリンとして暗躍する

演:キルスティン・ダンスト
ピーターが思いを寄せる女性。6歳の頃からの幼馴染

演:ジェームズ・フランコ
ピーターの友人でノーマンの息子。MJと付き合う。

■サム・ライミ「スパイダーマン」のあらすじ

普通の冴えない男子高生からスーパーヒーローへ。「スパイダーマン」のあらすじを紹介します。

・ダサい高校生からスーパーヒーローへ!

ピーター・パーカーは、社会見学で訪れたコロンビア大学自然科学部で、品種改良されたクモにさされてしまいました。

するとピーターの体は大激変し、スーパーパワーを身に着けます。

・スパイダーマン大活躍!

能力を使って、MJの気を引くために車の購入を検討するピーター。

購入資金を得るためにプロレスに参加するも、得られた金額はほんの僅かでした。

ピーターは腹いせとして、プロレス事務所に押し入った強盗を見逃します。

ピーターが逃した強盗は、育ての親であるベンおじさんを殺害。

ピーターは「大いなる力には大いなる責任が伴う」の言葉を胸に、NYでヒーロー活動に勤しむのでした。

・グリーンゴブリンの暗躍

ピーターがスパイダーマンとして目覚めていた頃、ノーマン・オズボーンはグリーンゴブリンとして目覚めていました。

グリーンゴブリンとなったノーマンは、「調和の祭典」で自分の邪魔になる者を殺害。

更に、祭典に参加していたMJを危機に陥れます。危機一髪の中に現れたのが、スパイダーマン!

スパイダーマンに助けられたMJは、正体が幼馴染のピーターとは知らず、彼に惹かれます。

そして2人は土砂降り雨の中で、熱いキスを交わすのでした。

・決着

グリーンゴブリンは、ひょんなことからスパイダーマンの正体が、ピーター・パーカーであることに気づきます。

彼を陥れるために、ピーターの育ての母親であるメイおばさんを襲撃。

MJを誘拐して、スパイダーマンを苦しめました。

ピーターはスパイダーマンとなり、MJを救出!

しかしグリーンゴブリンが仕掛けた罠は、スパイダーマンに戦う力を失わせました。

スパイダーマンは残り少ない力を使い、何とかしてグリーンゴブリンに反撃!

おもわぬ反撃を食らったグリーンゴブリンは、自ら正体を明かします。

そしてスパイダーマンの味方であることを告げるも、口だけのことでした。スパイダーマンに向けられた牙は、グリーンゴブリンを直撃!

ピーター・パーカーはベンおじさんが遺した「大いなる力には大いなる責任が伴う」を胸に、スパイダーマンとして、NYの街を守るのでした。

■サム・ライミ版「スパイダーマン」の評価とレビュー!

サム・ライミ版「スパイダーマン」の、評価とレビューについてまとめました。

・日本国内の評価は?

Yahoo!映画の評価は☆3.85点の高評価。

重厚なドラマでありながらも、見やすい展開が評価されていました。

「ピーターの成長を描いた」映画となると、サム・ライミ版が1番よく描けていたと思います。

・海外の評価は?

アメリカの批評家サイト「Rotten tomatoes」では、90%の新鮮保証がつけられました。

コミックに親しみを持つ人が多いためか「コミックの世界を忠実に再現されていた」との評価が目立ちました。

・「スパイダーマン」が受賞した映画賞は?

ティーン・チョイス・アワードにて、ベストキス賞・映画俳優賞を受賞。

ティーン・チョイス・アワードは、ティーンエイジャーの投票で決められるエンタメ関連賞です。

当時の10代達に、熱烈な支持を得ていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です